りばてぃひるでお茶を


by vivelagourmandise
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ビゴノガレット・デ・ロア

e0107956_19335117.jpg

ビゴの店のガレット・デ・ロアです。詳細はこちら ビゴの店

e0107956_193439.jpg

ガレットデロアの意味は『王様のお菓子』
キリストの公現祭を祝って頂くフランスのお菓子なのですが、フェーブという小さな陶器が入っていて、これに当たった人はその日一日幸運に恵まれ、冠を載せて王様になれるというものデス。

欧州のお菓子は、キリスト教に由来するものが多いです。
シュトーレンは、生まれたてのキリストがおくるみに包まっている姿を例えたお菓子と言われ、
このガレット・デロアは、キリストの生誕を祝う為に三人の賢者が訪れた日(1月6日とされる)に、(それを祝って)食べるお菓子と言われています。

日本でこのお菓子を買いに行ってびっくり!したことが。。。
なんと、フェーブは別にくれるんです。自分でコッソリ裏から仕込むんです。
しかも種類も選べるんです!合理的???ですね。笑

もひとつびっくりなのが、
ビゴのシェフの藤森氏は、ガレットデロア協会の副会長だそうです。
日本人なのにすごいですよね。
そんなビゴのガレット・デ・ロアは、パイ生地が最高です◎◎◎
[PR]
by vivelagourmandise | 2010-01-03 23:34 | お菓子